2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うそんwww「えええええ!・・・こんな事もあるのっ!?」
どももー、今月のペペロン納品物はマグステでありまして釣り大会が開催されました。優勝者がマグロ180本釣り上げるという結果の中、私は20本と最下位でしたね‥。

しれっと更新、米ですよ!!!w

まぁ、あれですね。今週末は色々やったんで久しぶりにこうやって書き始めている訳ですけど、どですか?
まったりやれてますか?w こっちは相変らずな感じですねぇ。リアルも大航海も変らずですw
リアルはもう少し気合い入れなければ・・・ヽ(゚Д゚*)ノ ヘアッ!
大航海の方ではEl Oriente の情報が大分明らかになってきまして、弓の画像を見てもうワクワクが止まらない感じですねぇ‥あれは狙撃でしょ !? でも、投てきで手裏剣とか出てきたらどうしよう‥すっごい使いたい・・って、もう妄想が止まりません!w 今回の話はまぁ、そんな話とは一切関係無く、いよいよあの国へ!!ってお話です♪

まぁ、相変らず一筋縄じゃいかない訳で御座いますよ・・。




Chapter 1 やる気のない男と、やる気だけはある少女




面倒臭ぇなぁ、おい「・・・・なぁ、シャルよ」
「んあー?」
「何でこんな事しなきゃなんだろうな・・」
「ろなー」
「あの女、言うだけ言って行きやがって・・」
「おおー、これすげー!」
「あの馬鹿も体験垢だから無理とか言い残して逃げやがってからに・・」
「うほー! かっくい~♪」

「・・・・・・・・・」


おめんだー!「・・・なぁ、シャルよ」
「んあー?」
「『幸せの青い鳥』って話知ってっか?」
「おー、あれなー・・いろんなトコ行って、わるもの倒して、お風呂はいって、もんどころがめにはいらんかー!!ってのなー」
「お前知らねぇだろwww」
「わすれた! どんなんだ!?」

「共有倉庫の引越しが面倒臭ぇって話だ‥」
















Chapter 2 やる事しか頭にない男




壁にあれ?
「遅れ馳せながら、おめでとうございますイレーヌさん~♥」

イレーヌ 「ありがとうございます♥」

 「本当イレーヌさんの魅力には誰も敵いませんって!」

イレーヌ 「うふふ、お世辞でも嬉しいですわ♥」

 「本当ウチの従業員達にイレーヌさんの爪の垢でもってねぇ!
 そうだ!今度ウチに礼儀作法の講師をお願いしますよ!
 あの馬鹿共は1回教育してやらんとどーしようもなくって!」





イレーヌ 「あッ!」




 「ん? どうかしましたか?」

イレーヌ 「いえ・・あの・・・」

 「おおお! 何かビビビッ!!と電気走っちゃったりしましたか!!
 そういう事でしたら早く言って下さいよぉ♪
 えとですね、前々から私、イレーヌさんの事をぉぉぉ!!」


イレーヌ 「違いますッ!!」
 「えと・・この今朝届いた手配書なんですけれども・・・」

 「ふむ・・手配書ねぇ・・・・」


NOOOOOO!.jpg「wwwwwwwwww」

「あの・・この方はお米さんの船団の方じゃありませんです?」

「ですねぇ・・どう見てもこれ・・
ウチの馬鹿二号ですねぇ・・w」


「ですよねぇ・・」

「NOOOOOOOOO
OOOOOOOOOO
OOOOOOOOO!」


















Chapter 3 やるだけやって逃げた女




 「ふぅ~、何とか逃げ切れた様ね・・」

 「ですナ!」

 「まさか早速賞金首狩りに出会うなんて考えてなかったものねぇ」

 「死ぬと思いましタ!」

 「森本さんも大丈夫だったみたいね♥」

 「ですが、あのお2方が大変な事に・・」

 「そうね・・本当に馬鹿なんだから・・・
 まぁ、後々10倍返しで何かしてやるわよッ♪
 それよりもここに来た理由は分かる!?」


 「ハッ!いよいよあのお方とのご対面でありますナッ!」

 「そうよ・・本当に長かったんだから・・・じっくりと関係を暖めて
 やっとオスマンと契約できたの!そしてここアルジェ・・
 ハイレディン様とやっと話せるチャンスを掴んだのよぉぉ!」


 「ご武運をッ!」

 「行ってくるわッ!!」


↓クリックでcurryの妄想が滅茶苦茶大きくなりますw
麗しのハイレディン様・・
「やっと認められて話ができるわ・・どうしよう・・ドキドキしてくる・・♥
        もう、あんな事やこんな事になったらどうしよう・・・ (ノ∀\*)キャ」




 「ハイレディン様!  この度軍勢に加えて頂く事になりましたcurryです!」



 「うむ・・入れ。」



 (あぁん、想像通りの明夫ヴォイス・・♥)
 「はい! 失礼します!! ここまで決死の思いでやってきました!
 ですので・・今日は・・・今夜だけはっ!!!」




ハイレディン 「おぉ~、よ~きなすった♪」



 「へ??」


ハイレディン 「まぁまぁ、座ったらいいねかさ♪」


 「はぁぁ!?」


ハイレディン 「なじらね?オスマンは♪」
 (訳:オスマンはどうだ?)

 「あ・・ええ・・・まぁ、はい・・・。」
 (何なのこれ!?何言ってるのこの人!!?
 そして文じゃ全然伝わらない気もするわ!!)


ハイレディン 「あっきゃ!そんげ様子らば大変らったみ
 てーらな‥」
 (訳:おお!その様子ならば大変だったのだろう・・)

 「あ・・ええ・・はい・・」





「バルバロス様ぁ、敵に防衛網を突破されましたぁぁぁ!!」





ハイレディン 「なーしたってぇぇ !? だーすけよー見てんと
 駄目らって言ったろがやー!」

         (訳:何だとっ!? だからよく見張っておけと命じただろう!!)



「ぐわぁぁぁぁ・・・・・」




ハイレディン 「おめさんはちっと休んでれて♪」
 (訳:お前は少し休んでおけ!)

 「あ・・・はい・・・」

ハイレディン 「後でゆっくりな!」
 (訳:戦いが終ったら〇×△)

 「・・・・・・・・・・・・」


「うおおおおぉぉぉぉ・・・・・・・
         今行くっけまってれやぁー!!
   ドドドド・・・
























漂白しなきゃ・・







「うんっ、漂白がんばろっ♪」









































久しぶりでも下ネタかッ!!
ごめんなさいねぇ・・書いてる内にまた暴走始ってしまいまして・・w
で、まぁオスマンと無事?契約できたわけで御座います。
来月のアップグレードまでに漂白を頑張らなければならないって感じですね。
オスマンの勅命もどーなるのか分かりませんしねぇ・・
こうやってブログ書いてる時も海に出てたらいいんでしょうが、2つの事を同時進行できない人なんでまた後でじっくり悪名落とそうと思ってますw

それでまぁ、オスマンと契約した後ですね。
PKKから逃げる私を守ろうとPKKの妨害に走り、
上納品を投げられ、私と仲良く名前に色付けた方が2人もいますw
もうねぇ、馬鹿な友人もって幸せですがねぇ・・w
申し訳ない!!!! 頑張って色落そうねっ Σd(゚∀゚d)!

心は純白よっ!

ちなみに3人とも商会長だったりしますw
PK禁止な商会の会長いたりしますwww 本当馬鹿wwwwww

「色は付いても心は純白ッ!
      悪名付けても汚名はいらん!!」


馬鹿ばっかw
下らんダジャレですが楽しくやりたいもんですw      朱に交わればしゅらしゅしゅしゅ~♪


では、また特別な何かがありましたらノシ


↓最近のアピコメ『魂のソフラン』はこちら♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oomori4649.blog86.fc2.com/tb.php/300-f3f5b762
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。