2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤蜻蛉最近は気温も下がり、日も落ちるのが早くなってと、すっかりと秋ですねぇ

←会社帰りに車のアンテナに止まっていた赤トンボです。


はてさて今回は大航海とはあまり関係の無い話、私の趣味の1つであります映画の話。

少しまったりとお話しますので、暖かい飲み物でもご用意してもらって私の趣味の押し付けに付き合って頂きましょうw










 ←取り合えず再生してくださいな♪


「もしも星に手が届くなら、君の為に1つ掴んでハートを照らすよ」

そんな歌詞から始まる珠玉のラブソング。
カバーも多くされてますし、皆さん一度は聞いたことあるんじゃないですかね?
Eric ClaptonのChange The Worldです。

はてさて、「映画の話で何で音楽?」って人もいると思いますがそれはここから♪

この曲は有名ですが、この曲が使われている映画は中々認知度が低い…今回はその映画をオススメしてみようとのお話です。

映画のジャンルはアクション、サスペンス、ホラーと様々ありますが…
お米さんは 「泣ける映画」 を好んで観ます!!

教えてね♪ こんな感じで募集してたり☆
まぁ、これで話題を振ってくれた人は一握りですがねw

しかし、私 ベタに弱いので すぐに泣いてしまいます…
フレに感動映画を進めても
「お前の涙は安いからなぁ」
と言われる始末…

でも実際、映画館には感動モノは観に行けませんねぇ;
「アルマゲドン」とか「サトラレ」とか、あの辺のベッタベタなのに…
嗚咽混じりで泣きましたもの;
「火垂るの墓」が最凶ですが;;

さて、この辺でいい加減本題に入りますねw

今、流れている音楽(聴いて頂いてるでしょうか?)が使用された映画はこちら

フェノミナンフェノミナン
(2006/04/19)
ジョン・トラボルタキーラ・セジウィック

商品詳細を見る

誰からも愛されていた平凡な男ジョージ(ジョン・トラヴォルタ)は、37歳の誕生日を迎えた夜、謎の白い閃光を目撃してから人生が一変。ものすごい知能の持ち主となって難問奇問を解決するようになるが、逆に友人たちは気味悪がって彼から離れてしまう…。
カリフォルニアののどかな田舎町を舞台に、突然天才になってしまった男の悲喜劇を描くファンタスティック・ヒューマン映画。白い閃光の正体や、主人公に起きた身の異変の真相など、後半は思いがけない展開へと突入していく。人好きのするハートフルな男をトラヴォルタが好演しており、ほとんど彼の魅力に負うところの大きい作品でもある。監督は『クール・ランニング』などのジョン・タートルトーブ。(的田也寸志) Amazon.co.jpより


この映画を見て以来、Change The Worldを聴くだけで涙腺がヤバイんです…
そして、この映画は私が一番好きな映画でもあります。
もし観て頂いて 「感動した!」 「滅茶苦茶いい!!」 って方がいらっしゃったら



「結婚してくれっ!!」
私にはそれ位大好きな映画ですww
そしてそう言うのにも訳がありまして、今まで幾人かにこの映画を進めてきましたが…



「未だかつて、いいリアクション無しっ;;」



はい、やっぱりお米さんのアンテナは少し明後日を向いている様子でございますw

ですから…
観て大したこと無くても一切責任は持ちませんっ!!

冒頭でも言いました通り「私の趣味の押し付け」ですので…w
また、こんなのあるよとか色々教えてくださいね★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oomori4649.blog86.fc2.com/tb.php/139-e47b50aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。